広島風俗求人の体験入店

風俗店や女の子のプロフィールなどを見ていると、「体験入店」という文字を見ることも多いことに気付くだろう。これはその言葉通り実際にその店で働く前に仮入店といった形で仕事をし、女の子側とお店側の両方がお店で働いていけるかどうかを判断するための制度だ。これは一般社会でいうところの試用期間にあたるものであるが、それと違うところはその期間に差があるということ。一般社会の試用期間は一般的には3ヶ月ほどで、短くても1ヶ月程度長いところで6ヶ月ほどというケースもある。それに対し風俗店の場合は1営業日分ということが多く、中には1週間や5営業日分体験入店期間をつけるところもあるようだ。

広島風俗求人などを出している風俗店における体験入店に関する女の子側のメリットは、その店のサービス内容やお客について知ることができること。風俗未経験者や業種未経験者にとっては、風俗をやっていけるかどうかやその業種のサービスを行えるかどうかの判断材料になるだろう。その中のサービス内容については業種やそのお店によって違うので、働こうと思っている女の子にとっては気になる事項だ。

デリヘルなどひとつの業種を考えても、そのお店によってサービス内容に特徴がある。お店によってはお客との接客などの礼儀に関して厳しいところ、女の子の体調管理に厳しいところなど様々。接客といっても友達や恋人のように距離が近い、高級クラブのようにお客様を王様のように扱うところなど店の方針によって求められるものは違う。それに風俗店の多くはコンセプトを持った専門店であるため、当然接客内容はそんなコンセプトに合わせることが必要だ。それにホームページの内装や取り揃えている女の子の種類などで、そのお店のコンセプトが明快なところもあれば、いまいち何が売りなのか分かりにくいお店もある。そのため給与が良い・自宅からのアクセスが良い・働く時間の調整が可能といったメリットだけを考えて入店しても、思っていたものと違うことが求められるということも考えられる。またサービス内容におけるお店のコンセプトや売りだけでなく、そのお店自体の職場環境を知っておくことも必要だ。そしてお店のコンセプトによって女の子に求められる体調管理の方法は変わってくる。モデル専門店の場合は余計な肉が付くことなく、キレイなスタイルを維持し続けることが必要だ。ぽっちゃり専門店の場合は痩せることなく、ある程度の脂肪を持ち続けることが求められる。そして変り種といった意味ではギャル専門店。ガングロ・ヤマンバなどのメイクをしているギャルが求められるため、女の子は日サロに行くなどし冬でも黒い身体でいる必要があるのだ。このようにお店によって女の子の体調管理方法に差はあるが、大切なことは仕事が入っているときにベストな状態で出勤すること。他の仕事や勉強などで忙しかったとしても、仕事が入っている日は風邪などをひかず最高の状態でお客に対応する。これは一般社会・風俗業界関係なく求められることだと言えるだろう。

注意することは実際に働いているときのスタッフの言動、同僚である女の子について。面接ではこちらにとって良いことばかり言うが、仕事になると自分のイメージしたことと違うこともある。それを面接のときにしっかり教えてくれたか、真摯に質問に答えてくれていたかを判断し、信用できるスタッフか否かを見極めることも長く働く上では重要なこととなるだろう。また面接時はにこやかで優しい態度を取っていても、仕事になると常に慌しくイライラしこちらに怒鳴りつけるような人もいるかもしれない。その人の本当の姿を知る上でも広島風俗求人などでの体験入店は必要なことだといえるのではないだろうか。

広島風俗求人はここで探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です